久米島でサンゴの大群集を発見!

お隣の久米島の近海でサンゴの大群集が発見されたそうです!
すごく興味深い発見ですね!
慶良間諸島のサンゴとの違いはどうなのか?
すごく気になりますね!今後の研究が楽しみです。

下記の記事をチェック!

WWF(World Wildlife Fund)

 沖縄島の西約100kmに位置する久米島の沿岸で、大規模なサンゴ群集が発見されました。WWFジャパンの「久米島応援プロジェクト」に参加している研究者が、2010年4月および5月に、現地で潜水調査を行なったところ、数百メートル四方を超える広大な範囲に広がっており、貴重な環境が残されていることが明らかになりました。


「久米島応援プロジェクト」の現地調査で確認
今回発見されたサンゴ群集は、久米島(沖縄県久米島町)にある、「ナンハナリ」と呼ばれる沿岸域の、深さ15~35mの海域に広がっており、2009年8月に、久米島の漁業者とダイビングインストラクターによって発見されました。

WWFジャパンの「久米島応援プロジェクト」では、11月からこのサンゴ群集の調査を始め、2010年4月と5月に潜水調査を実施。
その結果、発見されたサンゴ群集が、枝状のミドリイシ属の一種(現時点で種は未確定)が多くを占める大群集で、数百メートル四方を超える規模を持つことが明らかになりました。

また、この群集は、被度(海底を覆うサンゴの割合)が、70~80%に達する、密度の高い群集であることも分かり、周辺の海域にサンゴの幼生を供給する、生態学的にも高い価値を秘めた環境である可能性が認められました。

沖縄の海では近年、赤土の流出や、サンゴを喰うオニヒトデの大発生、また、サンゴの白化現象を引き起こす水温上昇などの影響により、多くの海域でサンゴ被度が低下する状態が続いています。その中で、今回のような高被度群集が形成・維持されていたことは、大きな驚きであり、また貴重な発見となりました。

WWF:HPより
[PR]

by keramaocean | 2010-05-22 17:12 | 島の日記

<< あさあけG 久しぶりの帰郷 お... 座間味島青年会へサバニが届きました! >>